CALENDAR
S M T T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
Javaデザインパターン徹底攻略 (標準プログラマーズライブラリ)
Javaデザインパターン徹底攻略 (標準プログラマーズライブラリ) (JUGEMレビュー »)
日立ソフトウェアエンジニアリングインターネットビジネス部
RECOMMEND
RECOMMEND
独習Java第3版
独習Java第3版 (JUGEMレビュー »)
ジョゼフ・オニール
MOBILE
qrcode
猿の惑星
JUGEMテーマ:映画


全部見たぞ!

猿の惑星
続・猿の惑星
新・猿の惑星
猿の惑星・征服
最後の猿の惑星

PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)

猿の惑星: 創世記
猿の惑星: 新世紀

以前にも感想を書きましたが、改めて全部観た!

やっぱり名作ですね、面白いです

以下ネタバレ注意です
評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 5,536
(2015-10-07)
コメント:2001年版も収録されてます


猿の惑星のテイラー大佐は世捨て人みたいな感じでしたね、

で、最後のセリフ、記憶とはちがっていました

「みんな地獄で苦しめ」といっていました

あらためて、名作中の名作だとそう思いました


猿の惑星: 創世記前回書いた感想で、前日譚と書きましたが、

前日譚というより、猿の惑星・征服のリニューアルといった感じでしたね

猿のシーザーがボスとなって人間に反旗を覆す

テイラー大佐だけでなく、密かにコーネリアまででてましたからね。

最初の5部作

所謂ループものって奴だったんですね

猿の惑星で遥か未来の地球だった!

続・猿の惑星では核爆弾が爆発して地球が崩壊して終わり

なんか唐突にミュータントが出てきた。

そのミュータントと、核爆弾は何で出てきたかというと、最後の猿の惑星でちゃんと説明されていました

新・猿の惑星では猿の惑星で出てきた猿が何故かタイムスリップして現代の地球へ

最後は子供(シーザー)を産んで人間に殺されてしまう・・・

なぜ、猿が地球を支配するようになったのか、ちゃんと説明があった

未知のウイルスで愛玩動物が全滅してしまい、猿をペット、奴隷化していったら猿が氾濫して・・・

猿の惑星・征服では、その通りに話が進んでいくんですよね、猿が氾濫しておしまいと

最後の猿の惑星では退廃した近未来をさらに未来の猿が回想する形で始まる

人間と猿の戦いです。

猿の惑星: 新世紀最後の猿の惑星のリメイクっぽい感じがしました

猿と人間が戦いますが、部下の猿(最後のではゴリラ)がリーダーのシーザーに氾濫するところなどそう思いました

「猿は猿を殺さない」というセリフもファンならにやりとしますね。

猿の惑星: 創世記では猿の惑星を思わせるようなシーン(宇宙船のところ)がありました

猿の惑星: 新世紀でも続・猿の惑星を思わせるようなシーンがチョコチョコありました

地下鉄のシーンとか、講堂のシーン、おそらく似せて作ったんでしょう。思わずニヤリとしてしまいますね。

ウイルスでほぼ全滅した人間、生き延びた人間は抗体があるからどうにか生き延びることが出来たと

最後は猿と人間とで対決するような形(軍隊が攻めてくるところ)で映画は終わりました。

続きがあるそうです。(2017年公開予定らしい)

ついにテイラー大佐がでてくるのか? 生き延びた抗体のある人間がミュータントになるのか?

楽しみです。

ちなみに私が一番好きなのは、一番評判が悪いらしいPLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)ですね

唯一その他とつながりがない作品です。

オチは、なんとなく読めたけど、けど・・・爆笑しました

閉じ込められた将軍はいったいどうやって出てきたんでしょう?

なんだかんだいって猿に支配されてしまった地球にたどり着く(笑)

パトカーから警察の制服を着た猿が出てきたシーンが一番好き!


ってゆうか、地球じゃない別の天体だったような気が・・・

そんなのは気にしない気にしない。

何気に第一作目で主役を演じたチャールトン・ヘストンが出ています。


おすすめなので是が非でも観ましょう!
| いんちき映画感想 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< 今週のニンニンジャー | main | コーヒーの好きな飲み方を教えてください! >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://asagiri.lady-luck.fool.jp/trackback/1014259
トラックバック