CALENDAR
S M T T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
Javaデザインパターン徹底攻略 (標準プログラマーズライブラリ)
Javaデザインパターン徹底攻略 (標準プログラマーズライブラリ) (JUGEMレビュー »)
日立ソフトウェアエンジニアリングインターネットビジネス部
RECOMMEND
RECOMMEND
独習Java第3版
独習Java第3版 (JUGEMレビュー »)
ジョゼフ・オニール
MOBILE
qrcode
恐怖!生きていたエウリアン!
エウリアン、まだ生きていたんですねぇ・・・

wikiに主な生息地が書いてありました

偶然、その生息地に行ってみたところ声をかけられました。

興味ないと断ったが、「観ていってくださいよ」としつこかったので
いってみた。(4回目!馬鹿である)

まず、入り口で住所氏名電話番号勤務先を記入するように言われる

書きたくないといったら、お願いだから書いてくださいとしつこかった

もちろん、出鱈目の住所氏名電話番号勤務先を記入
(勤務先は書きたくないといったら、業種だけでいいといわれた)


中に入り絵を見ていると、「ここにある4枚と、あちらにある4枚の中から気に入った絵を選んでください」

といわれたので、「その中には気に入った絵はない」と一刀両断

この中から選んでくださいよとしつこかった
どうしても売りたいらしい。

なので、一番目立つと思った絵を選んでみた
(青を基調と下絵が多かった中一つだけ赤を基調とした絵だった
赤い色って目立つと思うんですよね)

そしたら、普通はこの絵を選ばないとか、感性がすごいとか
わざとらしくほめてきました。マニュアル?

でもって、絵の説明、だるかったので目つぶって少し寝ました。
たびたび、つまらなそうにあくびとかもしました。
なので会話はうろ覚えです

絵はどれくらい持つか?ときかれたのでふざけて「2億年」と答えてみた

そしたら、「正解です。永遠にこの絵は持ちます」とほざいていました。
な訳あるか(笑)


なんか、音楽家描いた絵で、音楽を基にして書いた絵だそうで
独占契約でここでしか購入できないそうだ。

で、訳わからないこと一ついっていました。

書いた人は有名になるからとか、持っていれば価値が上がるからとか

そういわれるのであればまだいいのだが、

これを書いた人は有名になるかどうかわからないし、価値も上がるかどうかわからないけど・・・

普通そんなこというか?


ちなみに80万円。絵はスポットライトを当てて、とても奇麗に見えましたけど・・・私自身、絵に詳しいわけではありませんが、ちょっと絵を勉強するぐらいで描けるんじゃね?とも思いました。



場所を移され、今度は違うライトを当てて見せてきました。

奇麗でしょ?とかいっていましたが、どう違うのかわからないとはっきり答えた(本当にどう違うのかわからなかった)

光を当てると奇麗に見えるといっていたので

「裏を返せば、光を当てなければ見るに値しないんじゃない?
光当ててない状態で見せてよ」

とちょっと意地悪なことをいってみた。

そんなことはないと否定していたが、光を当てていない状態での絵は見せてくれませんでした。
(移動するときにちょっと光に当っていない状態が見えた。はっきりいわせてもらうと、奇麗でもなんでもなかった)

何を考えているのか、購入に向けて話を進めてきやがりました。
(今までの私の態度から購入の意思がないってわからないのかい?)

「絵に興味があったから来たのだよね」とたずねてきたので

「ありません。さっき入り口のところでも言ったじゃないですか」

かなり、困っていた。

購入の意思がないのは明らかなのに、ローンの値段表っていうのかな?
まあとにかく、値段表みたいなのを見せてもらった

元は80万だが、ローン組んで購入すると最終的には111万になる
と書いてあったので、

「80万の絵なのになんで111万も払わなきゃいけないの」といったら

あせりだし、「いや、これ手数料があるから・・・、でも月々これくだいだったら払えるよね」と言い出し、

「払えません」と即答

「こんなに払ったら生活できません」とも言った

そしたら、あせりだし「お客様ちょっとおまちください」と席を立ち
どっかいった。

1〜2分まったら、「お客様、またお越しください」と

半ば強制退場のような形で追い出された

二度といくか(笑)時間にしておよそ45分程度でした
| 日々是欺瞞 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< 富井副部長 | main | 太陽がいっぱい! >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://asagiri.lady-luck.fool.jp/trackback/224532
トラックバック